腹圧性尿失禁の原因となっていること

多くの女性が悩まれている腹圧性尿失禁ですが、いまではさまざまな方法で治療をしたり予防にも取り組めるようになりました。

治療の取り組み

ここではセルフケアに努められる画期的なアイテムをご紹介しましょう。それはstarformer-proと呼ばれるもので、2000年にアメリカの大学で開発をなされました。

アメリカでも日本と同様に腹圧性尿失禁で悩まれている女性が多く、大学ではその悩みを抱いている方々とヒアリングをおこない、さらに共同開発というスタイルでstarformer-proを生み出されました。

骨盤底筋を鍛えることで尿失禁現象を解消できるのは以前から知られていましたが、骨盤底筋は膀胱の真上にあるため、意識をして鍛えるのは困難でした。

その問題を打開できるのがstarformer-proで、腹部にパッドを当てることで電気信号により低周波を腹部にあたえることが可能です。

このマシンは1秒間に約1000回という低周波を実現できており、自力による筋トレでは不可能であったトレーニングができます。日本でも2017年から正式に販売をされており、高い効果に期待が持てます。椅子に座っているときに使えるので、手軽にトレーニングを続けられるものです。

男性や女性に特有の原因

切迫性尿失禁の患者が尿意を我慢できずその場で尿を出してしまうのは、膀胱が勝手に収縮してしまうからです。膀胱が通常の大きさの状態ならば尿意を感じても尿を我慢することができますが、膀胱が勝手に収縮をしてしまうと、自分で尿意をコントロールすることは難しくなります。

なぜ切迫性尿失禁の膀胱が勝手に収縮してしまうのかは、明確な原因がわかっていません。そのために失禁を専門的に研究している団体などでは、こうした膀胱の縮小が発生する原因を現在でも追及しています。

もし研究が進んで今よりももっと膀胱が縮小する原因がわかるようになれば、症状の対策がしやすくなる可能性もあります。切迫性尿失禁の原因となることには、男性や女性だけに特有なものもあります。男性の場合にこの症状の原因となることがあるのは、前立腺肥大症という症状です。

骨盤臓器脱の症状

前立腺肥大症とは前立腺が通常よりも大きくなる症状のことです。前立腺は膀胱に接している器官で、尿道を囲んでいます。そのために前立腺が大きくなると尿道が細くなってしまうので、尿が出にくくなってしまいます。

女性に特有の原因として多いのは、骨盤臓器脱の症状です。膀胱瘤や子宮脱などにより、尿意をコントロールしにくくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)